日々変化する不動産情報をお届け!

一戸建て購入時に気をつけたいこと

一戸建ての住宅を購入することは多くの人にとってあこがれのことであり、血痕から間もなくこれから家族が増えて行く人や、老後に備えて広い家の中でゆっくりと過ごしたいと考えている人にとって、一戸建ての住宅を購入する上でどのようなことを気をつければよいかということは関心のあることではないかと思います。
まず、どのような人であっても大抵心配なことの一つとして、購入資金、購入する地域、購入した後の生活設計などの問題があります。
はじめに、定年退職を迎えた人が退職金を元手に一括購入する場合は、購入費用についてはクリアできますが、当面の生活費として厚生年金・国民年金および預貯金、株式、投資信託、自分の子どもからの援助など資金面でのあてをつけることが必要です。
もし、購入時にこうしたあてがない場合は、生活を維持してゆくために定年退職後も仕事を見つけることが必要がありますので、仕事の多い地域での購入を検討することが重要です。
また、老後に介護が必要になることを念頭に入れ、病院や老人ホーム、デイサービスセンター、ヘルパーステーションが近くにあるかどうかをきちんと把握することも必要です。
次に、比較的若い夫婦が一戸建て住宅を購入する場合、1千万円程度の頭金の他にローンを組むことが一般的となっています。
ローンについては、自分の働いている職場の福利厚生から受けられるローンや、住宅金融支援機構が扱うローンなど、返済期間や月々の返済額に無理がないよう、しっかりとした返済計画が立てられるものを選択することが何よりも大切です。
次に通勤に無理のない範囲であること、すでに小さなお子さんのいる場合には、保育所や幼稚園、学童保育などの定員数に十分な空きがあり、すぐに受け入れてもらいやすい地域であるかということを事前に把握しておく必要があります。
また、ローンの返済を早めたり、将来の賃金の減少による返済の滞りを防ぐため、夫婦共働きやどちらかがパートに出るといった経済的に余裕のあるライフスタイルを持つことも重要です。